この下の画像は、2004年4月21日に撮影したものです。
画像撮影日:2017年4月26日
総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分  総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車 北口より徒歩15分  都バス亀戸天神前下車すぐです。
寛文2年(1662)道眞公の末裔、菅原大鳥居信祐公が九州の太宰府天満宮より勧請、地形をはじめ社殿や楼門、太鼓橋など境内の結構をすべて太宰府の社にならって造営したのを起源としています。 爾来、亀戸宰府天満宮とも称され信仰厚く、また、朝野の信仰も厚く、行楽の名勝地としても喧伝され、江戸庶民信仰の本源として関東天神信仰の中枢を占めています。
神苑の藤は、早春の梅とともに亀戸天神社を代表する花である。特に藤は東京の花の名所として名高く、江戸時代から「亀戸の五尺藤」「亀戸の藤浪」として広く親しまれている。15棚100株の藤の盛りの華麗な美しさが、朱の太鼓橋と心字池の水面とのコントラストによって一段と際立ち、見事さを誇っています。ピーク時には1万房以上の花を咲かせるという。中でも1.5メートルにもなる長藤は姿は、とても優雅で見ごたえ充分です。5月の連休には30万人以上の花見客が訪れる。期間中ライトアップされます。(日没から0時まで)、

    亀戸天神
inserted by FC2 system