三溪園の蓮(ハス)
三渓園の蓮(ハス)
三渓園は、神奈川県横浜市中区にある総面積175,000平方メートルの国の名勝です。
生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開されました。175,000m2に及ぶ園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。(現在、重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟)
東京湾を望む横浜の東南部・本牧に広がる広大な土地は、三溪の手により1902年(明治35)頃から造成が始められ、1914年(大正3)に外苑、1922年(大正11)に内苑が完成するに至りました。三溪が存命中は、新進芸術家の育成と支援の場ともなり、前田青邨の「神輿振」、横山大観の「柳蔭」、下村観山の「弱法師」など近代日本画を代表する多くの作品が園内で生まれました。その後、戦災により大きな被害をうけ、1953年(昭和28年)、原家から横浜市に譲渡・寄贈されるのを機に、財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施し現在に至ります。
尚、ハスは7月中旬〜8月中旬に外苑:蓮池に咲いています

ハス(蓮、学名:Nelumbo nucifera)
は、インド原産のハス科多年性水生植物です。
特徴は、地中の地下茎から茎を伸ばし水面に葉を出します。草高は約1m、茎に通気のための穴が通っていて、水面よりも高く出る葉(スイレンにはない)もあります。
葉は円形で葉柄が中央につき、撥水性があって水玉ができます(ロータス効果)。
花期は7〜8月で白またはピンク色の花を咲かせ、早朝に咲き昼には閉じるます。
園芸品種も、小型のチャワンバス(茶碗で育てられるほど小型の意味)のほか、花色の異なるものなど多数あります。

蓮と睡蓮の違い
  蓮(ハス) 睡蓮(スイレン)
@水面より高い位置に花を咲かせる。
A花が咲き終わると花びらが散る。花びらが散った後に果托ができる。
@水面に花を咲かせる。 (熱帯産スイレンは水面から突き出る)
A花が咲き終わると閉じて水の中に沈む。
@光沢がない。Aツヤがない。B撥水性がある(水をはじきにくい) @光沢がある。Aツヤツヤしている。B撥水性がない(水をはじかない)
蓮根(レンコン)になる。 塊根
名前の由来 花が散った後の果托は蜂の巣に似ていることからハチの巣→ハチス→ハスと呼ばれるようになりました。 日差しが弱くなると花を閉じるその姿が、あたかも眠るようなことから睡眠の「睡」の字がついて睡蓮と名付けられた。
英語名 Lotus(ロータス) Water lily(ウォーターリリー)
花言葉 清らかな心 神聖 雄弁 沈着 優しさ 信頼 純情 信仰 甘美 清純な心
分類 ヤマモガシ目ハス科 スイレン目スイレン科
仏教で仏様が座る蓮華座(れんげざ)として知られる。 印象派の画家モネ(Claude Monet)の油彩画で知られる。


                                                                        画像撮影日:2018年7月24日



                                                                 
inserted by FC2 system