MAP

 四ツ谷
栗原会場
画像撮影日:2017年8月10日
座間市の花「ひまわり」は、平成5年から農協青壮年部が中心となって荒廃地、遊休農地対策の一環として、ひまわりの景観植栽を行ったことが始まりです。当初の植栽面積は約3,000uから始まり(平成6年、7年同面積)、平成8年には10,000u、平成9年は22,000u、平成10年は28,000uと毎年規模を拡大していった結果、『かながわ花の名所100選』にも選ばれました。平成11年からは市の花ひまわりをさらに充実させていきたいということで、各種の農業団体と話合いを重ねた結果、農地の多面的な利用を図り、市民の手により「ふれあい・やすらぎ」を感じさせることによって『座間市の環境づくりを推進させること。』を目的に、平成12年に座間市ひまわり推進協議会がが発足、今では総面積5.5haを超える規模に拡大しています。
ひまわり畑は市内各地にあり、時期を変えて種まきを行っています。
見頃は、7月下旬には栗原会場(約10万本)、8月中旬には座間会場(45万本)、2ヶ所合計55万本を楽しめます。

このページは、座間会場座間エリアを紹介しています。座間会場四ツ谷エリアと栗原会場はページ最下部のボタンからお入りください。
座間会場(8月10日(木)〜15日(火) 午前9時30分〜午後4時)
○内容 ひまわり畑散策、切花・農産物・特産品の販売、模擬店の出店、展望台の設置など。(他行事有)
○交通アクセス
【電車の場合】
 ・小田急線「相武台前駅」から午前9時〜午後3時30分まで直行バス「ひまわりまつり会場」行きのバスを運行しています。下車徒歩5分
 ・小田急小田原線「座間駅」からバス。座間四ツ谷行き「神社前」下車徒歩10分
 ・JR相模線「相武台下駅」から徒歩15分
 ・JR相模線「入谷駅」から徒歩20分
【車の場合】
 ・圏央道「圏央厚木IC」から約10分  又は   東名高速「横浜町田IC」から約25分
※まつり期間中は、相模川グラウンドが臨時駐車場となりますが、台数に限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
※祭り期間中は、ひまわりまつり協力金が(300円)掛かります。 
座間ひまわりまつり(座間会場座間エリア)
inserted by FC2 system