画像撮影日:2017年6月19日
場 所:日本山妙法寺仏舎利塔前(清澄寺奥)
所在地:千葉県鴨川市清澄479
行き方:JR外房線・安房天津駅からコミュニティバス【清澄(きよすみ)ルート】約10分
  車 :国道128号線、安房天津付近から県道81号線を利用
駐車場:有(無料)※但し。離れています。  無料駐車場を通り越し、車両進入禁止の看板近くのお土産屋の駐車場が仁王門に近く楽に行けます。
清澄寺(せいちょうじ)は千葉県鴨川市の北東部に位置します。
日蓮宗の開祖である日蓮聖人は12歳の時に小湊から当山へ入り、道善法師に師事し出家得度されました。勉学修行に励んだ日蓮聖人はさらに各宗の奥義を学び、建長5年(1253)4月28日32歳の時、旭が森で立教開宗の第一声をあげました。
「日本第一の智者となしたまえ」と祈願した虚空蔵菩薩は、知力・学力アップのご利益があり、習い事や試験勉強中の方には、是非お参りして頂きたいお寺です。
境内には、絶景が楽しめる「旭が森」や、自然のパワーがみなぎる「千年杉」、繁殖期にやってくる「モリアオガエル」など、見所が多数。お参りに、観光に、歴史と自然があふれる清澄寺です。
仏舎利塔(日本山妙法寺建立)は、千年杉の150m奥にあります。
清澄寺は久遠寺、池上本門寺、誕生寺とともに日蓮宗四霊場とも呼ばれ、日本山妙法寺がここに仏舎利塔を建設することになったようです。
その日本山妙法寺境内の仏舎利塔から妙法寺本堂の間の境内に植えられています。
このユリは地域の方によって植えられた30品種13,000本の色とりどりなユリの花が時期を変えて植えられていて花見の期間を長くしているようです。
毎年6月から7月にかけて、真っ白な仏舎利塔の前を色とりどりのユリ達が、鮮やかに彩り、清澄でしかご覧いただけない絶景です。
きよすみユリ園
inserted by FC2 system